どうも、特別

日々堂本さんを愛でたり考察したり

違う剛くんを見てきたよ

お久しぶりです、果鈴です。

まだまだKinKi Kids事が決まっていない今日この頃ですが、今日以前からV6担の友人と約束していた森田剛くん主演の「ヒメアノール」を観てきました。


その感想を書こうと思います。


※よってこのブログはネタバレを含みます

※これから見に行く方はここでUターンをお願いいたします

※記憶力がないのでセリフは曖昧です。また一部分を特出して感想を書いているので、全体についてはご自身の目でお確かめください。






ヒメアノールの見る前から、この映画はグロいことは聞いていました。先行試写会で退場者が出るくらいですから、よっぽどのことだろうと友人と覚悟を決めて見に行きました。ところが、どちらかというと性的な方でR15がかかっているような雰囲気(笑)



濱田岳くん演じる岡田のセックスシーンもさることながら、森田剛くん演じる森田のソロプレイ(オナニーですね)の回数たるや…想像以上でした。ジャニオタの自分としては、剛くんがこんな演技をしててもいいものかと違った意味でハラハラしましたが、どうやらもう20周年を迎えた彼は事務所的にOKが出ているらしいですね。いやぁ、すごい!(笑)



映画の中で、森田は何人もの人を殺し「性欲」「睡眠欲」「食欲」の三大欲求を満たすためだけのためにも人を殺すほど残虐かつ無慈悲な人間として描かれていました。

ただ、この映画においてその森田という人間像は最後の2分で打ち砕かれます。いい意味でも、悪い意味でも。




※もう一回言いますが、ここからはラストシーンのネタバレです。ラストシーンを楽しみにしている方は、読むのをお控えください。



ラストシーン。

森田は岡田を人質にして、車で警察から逃走を図ります。岡田も森田も二階の窓から飛び降りただけに体はボロボロ。

そんな岡田が、運転する森田に言うのです。

「もうやめようよぉ、森田くんそんな人じゃなかったでしょ、本当は優しい人でしょ」

ところが、その言葉に森田はキレて、持っていた包丁で岡田の膝を刺します。一見すると森田はただ岡田が口を聞いたことにキレたようにも感じますが、これはきっとそうじゃないんですよね。

森田は自分が狂っていたことに気づいているのです。(その描写はかすかに映画に描かれています。)そして、自分の中にまだいじめられる前の岡田と高校時代に親友であったあの頃の自分がいることにも。

ただ、もう自己肯定をすることでしか森田は生き抜く術を得ていなかったのですから、岡田のその言葉を飲むことができなかったのです。



ところが、その逃走劇はすぐに終わりを迎えます。森田が岡田に気を取られ、車道を見るとそこには白い犬と飼い主の姿が…。

何を思ったか、森田はハンドルを急旋回し車を電柱に衝突させます。しかしいつもなら無慈悲に無関係な人を殺す森田がなぜ、その犬と飼い主は引き殺さなかったのか…。それは、ラストのラストで判明するのですが、ここから森田の様子が変わっていくのです。



車が衝突した衝撃で、目を閉じていた岡田が目をそっと開けると、森田が言うのです。

「あれぇ、岡田くん来てたんだ。ちょっと待ってね、借りてたゲーム返さなきゃ…あれ、ないなぁ…。お母さーん!麦茶二つ持ってきて…!」

このシーンで私の涙腺は完全に崩壊しました。この瞬間に殺人鬼である森田の姿はどこにもいなくなっていたのですね。高校一年生の、岡田と親友であったあの時代の森田が帰ってきたということです。



森田は高校一年生のまま話すのですが、警察がすぐに森田を捕まえて車から引きずり下ろします。森田の右足はぐちゃぐちゃで(この描写はこのラストシーンにあまり向いてなかったかもしれない。)1人で立っていることすら難しい状態でしたが、そんなことも気に留めず森田は笑って「いつでもまた来てね。」と岡田に告げます。岡田も全てを悟って「うん…」と静かに頷いてゆっくり目を閉じてこのシーンが終わるのです。



先ほど述べましたが、ここで森田という人間像は完全に崩壊しました。いや、元に戻ったといてもいいのかもしれませんが、私の中では崩壊ともとれるな、と。

かつての優しさを得ることは、ハッピーエンドのようにも見えますがどうも森田にとってはバッドエンドのようにも見えてしまう…。


殺人鬼である森田は、自分は人を殺しているのだから死刑になることは妥当であり、岡田を殺した後にはもう全てを終わらせるような覚悟を持っていました。(事実岡田を殺したら終わりにするという発言あり)しかし、どうやら高校一年生の森田は自分が人を殺していたという認識がない、高校一年生というまだ弱い立場の弱い心のまま、子供の心のままのようにみえる、つまりこのまま死刑になったとしても、自分がどうして死ななければならないのか、罪さえわからないまま死にゆくことになるのです…。



それを思うとゾッとしました。

少年森田は、何一つ悪くなかった。むしろ幸せなことなんて生きているうちに一度もなかったのではないか…そう思わせるのです。



ところが、逃走劇のシーンが終わった後に岡田と森田が通っていたとみられる高校を背景に、2人が初めて出会った時の会話が音声で流れます。


「ねぇ、おかだ…くんだよね」


「うん」


「おかだくんどこ中出身…?」


「○○だよ。森田くんは?」


「○○中。ねぇ、もう誰かと話したりした?」


「ううん。森田くんは?」


「僕も初めて。」



高校一年生の初めてのシーン。

友人ができるかわからなかったあの頃の不安定さと、楽しそうな声。

この会話で私はさらに涙が止まらなくなりました。


シーンがさらに変わって、森田の家で制服姿でレースゲームをする岡田と森田の後ろ姿が移ります。楽しそうにゲームではしゃいで、親友らしく2人で笑いあっている姿。

庭には、白い犬が繋がれて飼われています。

(正直この伏線はずるかった。ここでも森田がどうして最後に殺人鬼から少年の心に戻ったのかがよく表されていて、ストーリーの組み方に感服)

そして最後森田が楽しそうな笑顔で言うのです。



「おかあさーん!麦茶持ってきて!」



この最後の2分間だけでも、私はこの映画を見た価値が十分にあったと痛感しました。

伏線による伏線。

そして、最後に垣間見えた森田の本当の姿。


この学生時代の岡田と楽しそうにゲームをして笑いあっている期間だけが、森田が味わった最後の幸せなのだと思うと、なんともやるせない、だけれどもそこには惹かれてしまう何かが確かに存在していた…。



私が考えるに、岡田も森田も2人ともきっともう助からないような終わり方をしているので、この最後のシーンは、天国とは言わなくても、やっと2人のあるべき友情の姿に戻った暗示のようにも感じられました。だとしたらいいな、だとしたら、森田は少しでも救われた気がします。



口の悪いことを言ってしまうと、何を伝えたかったのか、そのメッセージはよくわかりませんでした。逆に言えば、それは人によって大きく変わる気がします。例えばイジメによって森田は大きく変わってしまったのだから、いじめというものは…というありきたりなものから、もっと深い所まで様々。これについてはみないと言わんとすることはわからないと思います。



ただ、ラストシーンだけは侮っていた。

これはずるい!




V6で言うと、演技担当は岡田くんでしょ!

なんて思っていた自分が恥ずかしい。

森田剛という才能を完全に知らなかった。



ついついこういう殺人鬼役って、自分が好きな人たちにやって欲しくなってしまう傾向が私にはあるのですが(ずっとKinKi Kidsにこういう役をやって欲しいと思ってた)、これはKinKi Kidsには絶対出来ない。



森田剛』でしか演じられない。



と強く思いました。

本当に素晴らしい演技だった。

ファンではない人も、見て後悔はしないと思う。



さて、ここまで支離滅裂に語ってきましたが、こうして感想を綴って見るとどうしてももう一回見たくなってきますね(笑)


近々、もう一回見てこようと思います(笑)



ヒメアノール、オススメです。