どうも、特別

日々堂本さんを愛でたり考察したり

20周年に向けて、深まる愛

 

結構時間が経ってしまいましたが、12/22・23のKinKi Kids Dome tour 2016-2017 We areKinKi Kids Tsuyoshi&You&Koichiを見てきました。

いつもはツイッターやら色々なところで感想を必要もないのにベラベラ喋り続けるのですが、今回はもうそれどころじゃありませんでした。

なんていえば良いんだろう…ただひたすらに満足してしまって、言葉にすることさえ難しいように感じられたんです。本当にKinKi Kids最高だった……。

 

なので、コンサートレポは他の方にお任せして、私は短いながらに2016年を振り返ってみようかなぁと思います。本当に2016年はKinKi Kidsとファンにとって幸せな年でした…一生2016年でも良い気がする…(よくないか)

 

 

どうして2016年が最高だったか。

簡単に言って仕舞えばソロとKinKi Kidsの活動の割合が完璧だったんです。

 

光一さんのSHOCKがあって

spiralコンサートのDVD、Blu-rayが発売されて、そして剛さんのミニアルバム、Tu Funk DVD発売。

2016年は前半(6月あたりまで)がソロ活動目白押しの年でした。とは言っても毎年こんな感じなので目白押しとは言わないのかもしれない。むしろソロ活動が少ない年だった。去年は2人ともソロで地方回ってたし、ありえないくらい近い日程で同じところ行ってたからそれKinKi Kidsで行けばよくないか!?ってくらいソロやってたから。

 

で、7月

ここからが本当に幸せすぎた

まず久しぶりの夏にシングルリリース!KinKi Kidsはいつも11月とか冬にシングルをリリースして、その一ヶ月後にアルバム発売があるかどうかでやってきていたから

 

7月発売の薔薇と太陽が何よりも嬉しかった…!!!

吉井さん本当にありがとうございます。コンサートにまで来てくださって…このご縁は一生忘れません…!

そして夏に発売したこともあってたくさんの音楽番組に出演&露出が増えたこと…!ありがとう!ありがとう!剛さんがギター、光一さんがダンス、当たり前だけどソロで培って来た(言い方が上から目線であまり好ましくないけれど)2人の個性がぶつかり合っているパフォーマンスもKinKi Kidsらしさが爆発していて、見ているだけで本当に幸せな曲になりました。もしかしたら今後のコンサートのセトリに入り続けるかもしれないなぁって思うくらい、KinKi Kidsとしての良さが溢れ出している楽曲だと思います。聞いたことない人は是非聞いてくださいな。

 

そして次に乙コンサートDVD、Blu-ray発売

これは毎年夏に発売しているから例年通りといえば例年通りかな?でもコンサートが映像化することを当たり前だと思うのはあまりにも奢った考え方になってしまうので、心から感謝しています。JEありがとう!

 

そしてさらに、アリーナツアー決定&Nアルバム発売!

 

KinKi Kidsが地方に来る!

そして何よりも、ファーストコンサートの場所である武道館に帰って来る!!!

私はコンサート外れてしまって一つもいけませんでしたが、それでもKinKi Kidsがアリーナという普段のドームとは違う環境で楽しそうにコンサートをしているという事実だけで嬉しかったです。できることならいつもやってくれれば良いのになぁなんていうワガママもありますが、色々忙しいからそう簡単には行かないんだろうなぁと思います。それでも今年やってくれたことが嬉しいなぁ。どうか全ての公演が緊急コンのように映像化しますように…!JEさん!お金なら払います!

 

そしてNアルバム。

KinKi Kidsと仲良くしている堂島孝平さん(どんちゃん)が全面プロデュースの元作成されただけあって、どの曲も素敵でした。

その中でも私が好きなのは「なんねんたっても」と「かな。

なんねんたってもはもうPVから涙が止まらなくなって来ちゃう。今迄のKinKi Kidsの全てのPVを使ったPVは、あの2人がKinKi Kidsとして生きて来た歴史が辿れてすごく素敵なんです。コンサートの演出も素晴らしかった。今迄のコンサートの映像を去年のものからファーストコンサートまで遡って、最後に移るのが今現在の2人の笑顔って…。本当になんねんたっても2人で微笑みあっててね…!

 

陽炎(かぎろい)に至っては、剛さんが作っただけあって、光一さんとの音域のマッチの仕方が他の曲の比じゃなかった。光一さん自身もかなりお気に入りみたいで、振りを自分で考えてつけちゃうくらいだもんね。たくさん作った曲の中で「これはソロじゃなくてKinKi Kidsで歌おう」って思ってる曲が剛さんの中にあることもしれてとても嬉しかったです。そんな剛さんのストックしてある曲が光一さんの声に乗せて届けられる日が早く来ると良いなぁ。

コンサートの演出も最高に美しかったので、映像化お願いします(2回目)

 

 

そして次に道は手ずから夢の花発売!

この曲はアリーナツアーですでにセトリに入っていたので、WSで流されたりしたことで発売前から聞けてました。そういう事ジャニーズでは珍しいのかな?そうでもないか。

とりあえずめちゃくちゃ難しい曲で、KinKi Kidsの歌唱力を心配しながらも歌番組では毎回ヒヤヒヤして聞いてました。そしたらついにやらかしてくれましたね、FNS第二夜。まさかの音程外しではなくて入り間違いという形で。アカペラだったのに。

でもそういうところもKinKi Kidsらしさなので私は好きです!剛さんも間違えた光一さんをなぜかめちゃくちゃ褒めてましたしね!好き!

 

あと、薔薇と太陽にも通じるけれどこの曲の初回盤Bの特典映像がひどかった(褒め言葉)

薔薇と太陽はマタドールに扮する光一さんと闘牛の剛さんのオチのないコント、道は手ずから夢の花は、2人とも花の特殊メイクをして雨風に晒されるというこれまた「!?」となるPV。ひどいはずなのにお顔が美しいから(贔屓目)何度でも見れるクオリティがたまらなく好きです。やっぱり私はそんなKinKi Kidsが好きなんだなぁ。

 

そして今回のドームコンサート

毎年東京ドームで光一さんの誕生日を祝っていたけれど、今年は単独カウコン以来の京セラでのお祝いです。行けないけど、ちょっと嬉しかったりする。剛さんも「関西で光一の誕生日を祝えることは意味がある」って言ってたしね。

紅白歌合戦に出場することもめでたいんだけど、それだと本当なら京セラでのコンサートはキツかったはずなのに、それでもやってくれるKinKi Kidsの優しさは、ファンだからこそ感じられるんだなぁ、と思って見たり。

毒舌で有名なKinKi Kidsだけど(光一さんはもちろんだけど案外剛さんも…ね)こんな形で優しさをくれるからいつまでもついて行きたくなっちゃうんだなぁ。単純かもしれないけどね。

 

2016年ももうすぐ終わり

本当に幸せすぎて終わってほしくはないんだけれど、まだKinKi Kidsは19周年なんだよね。メディアだとすぐに20周年って言われるけど、20周年じゃないです!まだ19周年なんです!

 

だから2017年、本当の意味での20周年をお祝いできることを楽しみに、2016年はここでおしまいにさせていただきます。

 

そうそう、実は光一さんは私たち以上に来年が20周年ってことをテレビでアピールしてくれていて、紅白での会見でもそうだしこの前のコンサートでも

「来年20周年になります」って言ってくれたり。

2人は周年とかはあまり関係ないって言っているけど、私たちが2人の歴史をお祝いさせてもらえるように、20周年がもっと素敵なものになるように要望出して行きたいと思います。

来年はドームツアーがあると良いなぁ。

 

新年早々1/6にballade selectionが発売されるので、もしよかったら手にとってみてください。是非一緒に2017年KinKi Kidsの20周年をお祝いしてください。

 

 

それでは皆様良いお年を。

そして1/1光一さん38歳のお誕生日おめでとう